〒162-0842 東京都新宿区市谷砂土原町1-2-38 タイホービル401号
◆JR市ヶ谷駅・都営新宿線市ヶ谷駅 徒歩6分
◆東京メトロ有楽町線・南北線市ヶ谷駅 徒歩3分

営業時間
10:00~19:30
 定休日 
日曜・祝日(土曜は不定休)

お気軽にお問合せ・ご相談ください

03-6457-5657

お役立ち情報
 

 

           6月は肘、膝を冷やさないよう

6月に入りもうじき関東も梅雨入りですね。

これから梅雨に入ると汗をかきやすい体になっていきます。

この時期になると腎臓の気の流れもよくなっていきます。

6月は脇腹に放熱しやすくなり暑さに適応する機能が高まってきます。

なので、脇腹からの発散がスムーズにいかないと腎臓に熱がこもった状態になり脇腹の筋肉の力が抜けて身体がだるい感じがしたり脚がむくみっぽく重く感じたりします。

そして肘や膝の部分の気の流れが腎臓の気の流れと連動しているため、冷えて硬くなると腎臓の気の流れも滞ってしまいます。

肘は特に眠っているときに冷えやすくなり、冷えると眼も疲れやすくなります。

                                    整体カレンダーより

            2月 水分補給を

そろそろ草木が芽を出し始める準備をしているように私達も新陳代謝が活発になるころです。

この時期は水分を小まめに取るようにしましょう。

目が覚めたら白湯または常温の水を飲むようにしましょう。

足がつりやすくなるのも水分不足の原因の一つかも・・・・

梅の開花が楽しみになりました。

 

 

            イベントが多くなる12月

内臓の疲れが姿勢や凝りにサインとして現れます。

消化器系、胃・脾が疲れると猫背になりやすく、肝が疲れると右半身が凝りが生じたり、腎の疲れは腰痛の原因の一つになりやすかったりします。

年末、お正月は行事が多くなりますので、暴飲暴食をしないよう内臓に気を使い養生しましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お問合せ・ご相談はこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

03-6457-5657

営業時間:10:00~19:30
定休日:日曜・祝日(土曜は不定休)

※フォーム問合せは24時間受付中

お問合せはこちら

お電話でのお問合せはこちら

03-6457-5657

フォームでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。